ホッフェンハイム応援記

ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムを素人が熱く緩く応援するブログです。

17-18 ブンデスリーガ第21節 vs.ヘルタ・ベルリン プレビュー

みなさん、こんにちは。
むっちゃんです。

そろそろシーズン再開後、2018年初勝利が欲しいホッフェンハイムは、今節アウェイでヘルタと対戦します。今回は17-18ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン戦のプレビューを書きます。


試合データ

2018年2月3日(土) 23:30 K.O.(日本時間)
17-18 ブンデスリーガ 第21節
ヘルタ・ベルリン(11位)vs. ホッフェンハイム(9位)
会場:ベルリン・オリンピアシュタディオン
放送:DAZN


広がる上位との勝ち点差。2018年初勝利で食らいつけるか。

ブンデスリーガが再開して4試合目を迎える今節。前回対戦はドローに終わったヘルタ・ベルリンとのアウェイゲームにホッフェンハイムが挑みます。

  • アウェイでの勝利は11月のケルン戦まで遡る。

今節、アウェイでのヘルタ戦に挑むホッフェンハイム。リーグ再開後、そして2018年未だに勝利無しで4試合未勝利、CL出場圏内との勝ち点差は6まで広がったという苦境を迎えています。また、アウェイゲームに絞ってみると、最後に勝ったのは11月5日のケルン戦(〇 3-0)まで遡ります。これだけ苦手としているアウェイゲームを前に、朗報としてデミルバイの復帰のニュースが飛び込んできました。2列目や中盤の底に君臨してきたチームの司令塔が復帰することで攻撃力アップも期待されます。今節は2018年の公式戦初出場が予想される彼がもたらす攻撃へのポジティブな部分、セットプレーや決定的ラストなパスに注目です。


デミルバイは苦境のチームにポジティブな要素をもたらせるか。

  • クラブの歴史に残るストライカー。

ホッフェンハイムでリーグ戦でシーズン15得点を挙げた選手が過去に3選手います。それが昨季のクラマリッチ、フィルミーノ(現:リヴァプール)、そして今節対戦するヘルタ・ベルリンに所属するイビシェビッチです。イビシェビッチは現在チームのキャプテン。今季ここまで4得点と成績は奮わないですが、チームの歴史に残る偉大なストライカー、出場すれば脅威であることには間違いありません。そんな彼とまた相対することになるのか注目です。また、今回の対戦ではカルー、ゼルケ、レッキーといった実力のある攻撃陣には警戒が必要です。不安が残る守備陣がしっかりと抑えることが出来れば勝利が見えてきます。


予想スタメン&欠場予定選手

今節の両チームの予想スタメンと欠場予定選手はこのようになっています。

[予想スタメン]

ホッフェンハイム》System:3-1-4-2
GK:バウマン
DF:ビチャクチッチフォクトヒュブナー
MF:ガイガーカデジャーベクデミルバイグリリッチュツバー
FW:ニャブリウート

ヘルタ・ベルリン》System:4-2-3-1
GK:クラフト
DF:ペカリーク、シュタルク、ルステンベルガー、プラッテンハルト
MF:マイアー、シェルブレット、ラザロ、レッキー、カルー
FW:ゼルケ


続いて両チームの欠場予定選手です。
ホッフェンハイム
欠場予定選手なし。
※試合前プレスカンファレンスでは、ルップコベルウートの出場が怪しいとの情報も。

ヘルタ・ベルリン
・レキク(筋肉の張り)
・カデ(足首のケガ)
・クルト(フィットネスに問題)
・ヴァイザー(筋肉系のケガ)


以上になります。
詳細はこちらをご覧ください。
ブンデスリーガ公式プレビュー ↓
Hertha Berlin vs. Hoffenheim: Probable line-ups and stats | bundesliga.com


まとめ

今回は17-18ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン戦のプレビューを書きました。


未勝利が続いて上位との勝ち点差が次第に広がってきていますが、1つ勝てば流れは変わると思いますし、前節バイエルンから複数得点を奪うことができたという事を考えると、失いかけた自信を少しは取り戻すことができたと僕は思ってるので攻撃陣の爆発はもちろん、崩壊が続いている守備陣にも危機感が募ってると思うのでこの試合で攻守に渡って気持ちが現れたプレーをして勝ち点3を引き寄せてほしいなと思いますね。


むっちゃん

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング

ブンデスリーガランキングへ