ホッフェンハイム応援記

ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムを素人が熱く緩く応援するブログです。

目標のステージへ。

みなさん、こんにちは。
むっちゃんです。


皆様、お久しぶりです。笑
ここでひとつお知らせなのですが、個人的な事情で毎試合のプレビュー&レビューを書くことが厳しくなってきてしまったので、年内は書ける時に書く形でやっていこうと思います。笑


さて、話を戻すと、先日のフランクフルト戦は最後の最後になんとかドローに持ち込んだ形でしたね。ブンデスリーガ第6節以来の出場となったニャブリが素晴らしかったですね。やっぱり彼は上手い。同点ゴールを決めたのはウートですが、0.5点くらいはニャブリの得点と言ってもいいくらいでした。この結果、チームは6位。次節はアウェイでハンブルガーSVと対戦します。


前節、同点ゴールを演出したニャブリ


そのハンブルガーSV戦の前に大事なゲームが待っています。それは何かと言うと、ELのグループステージ第5節です。


佳境を迎えたGS。残り2試合で突破を決める。

ここまでELのグループステージは4試合が終了しました。ホッフェンハイムは勝ち点4で3位につけています。

  • EL グループC 順位表

1位 ルドゴレツ(勝ち点8 / +3)
2位 ブラガ(勝ち点7 / ±0)
3位 ホッフェンハイム(勝ち点4 / ±0)
4位 イスタンブールBB(勝ち点1 / ±0)


順位表はこのようになっています。
幸運なのか、不運なのか分かりませんが、ホッフェンハイムは上位2クラブとの対戦を残しています。ここで連勝できれば文句無しに目標のステージ、ノックアウトステージに進むことができます。

  • EL グループC 対戦予定

第5節 11/24(金) 5:05 K.O.(日本時間)
ブラガ vs. ホッフェンハイム
ルドゴレツ vs. イスタンブールBB

第6節 12/8(金) 3:00 K.O.(日本時間)
ホッフェンハイム vs. ルドゴレツ
イスタンブールBB vs. ブラガ


残りの対戦予定はこのようになっています。
残り2試合で対戦する両チームに対して、前半戦では勝負弱さを見せてしまい、いずれも逆転負けを喫しています。先制点を奪ったあとの戦い方を意識さえすれば十分に勝てる相手だと思いますし、期待しています。


少しでも長くヨーロッパでの旅路を続けたい。


キープレイヤー

今回、クラブとして初めて挑んでいるヨーロッパの舞台、UEFAヨーロッパリーグ。ここまでの4試合では若手選手が起用されてきました。DFのポッシュホーフマといったメンバーが起用され、及第点を与えることができるパフォーマンスを披露して、怪我人が多発した時期のゲームもなんとか乗り越えることができました。中でもポッシュは第2節のルドゴレツ戦でデビューを果たすと、その後のリーグ戦もコンスタントに出場するなど結果を残し、指揮官からの信頼も勝ち得ています。


EL第4節で移籍後デビューを果たしたホーフマ


そんな新戦力発掘にも一役買ったELでの4試合。残り2試合での個人的に思うキーマンとして、攻撃ではニャブリ、守備ではアクポグマを挙げたいと思います。

  • FW 29 Serge Gnabry

今季、バイエルンから1年の期限付き移籍で加入したスピードスター。今季はここまで公式戦3試合に出場も、8月末に敵地で行われたCLプレーオフ 2nd Legのリヴァプール戦で負傷交代。そこから9月のブンデスリーガ第6節でスタメン復帰を果たしましたが再び負傷離脱を余儀なくされましたが、先日のフランクフルト戦に途中出場し、久々の戦線復帰を果たしました。


彼の魅力はなんと言ってもドリブルです。試合のスタートから出場しても、途中から出場してもどんな状況でも相手ディフェンスを切り裂く様は爽快です。印象深いのが今季のリーグ開幕戦となったブレーメン戦で途中出場ながら積極的に仕掛け、膠着状態だったゲームを自分たちに流れを呼び込むプレーを何度も続けて1-0の勝利を掴んだということです。加入してから未だにゴールという結果は出ていませんが実力に疑いは無いですし、今後対戦する2クラブとも、彼とこのELで対峙したことが無いという点で有利だと思いキープレイヤーに挙げさせてもらいました。

  • DF 25 Kevin Akpoguma

今季、期限付き移籍先のデュッセルドルフから復帰したセンターバック。首の骨折から奇跡的に後遺症も残らずに、再び第一線で活躍するまでに回復した。今季はここまで公式戦5試合に出場し、中でもリーグ戦ここ3試合は全てフル出場を果たしています。


彼は的確にピンチの芽を摘むことができるセンターバック。ピンチになれば果敢に体を投げ出してボールを奪うことができます。また、ビルドアップにも参加し、攻撃のリズムを作ります。ここ最近の活躍を見ているとレギュラーと言っても遜色ない活躍を見せていますし、ヒュブナーがいなくても大丈夫だと安心して見ていられるレベルにまでコンディションを上げてきているのでキープレイヤーに挙げさせてもらいました。


まとめ

今回は、佳境を迎えたELグループステージについて書かせてもらいました。


泣いても笑っても残り2試合。ここ最近定着しつつあるアンカーにグリリッチュを置く形は今後も継続していきたいですし、試合を行う中で見つかったものがあると思うのでそういったものを全て出して目標のステージへ進めるようにがんばってほしいですね。


むっちゃん

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブンデスリーガランキングへ

人気ブログランキング