ホッフェンハイム応援記

ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムを素人が熱く緩く応援するブログです。

17-18 ブンデスリーガ第6節 vs.シャルケ プレビュー

みなさん、こんにちは。
むっちゃんです。

前節、アウェイで劇的な逆転勝利を収めたホッフェンハイムは今節はホームで連勝を狙います。今回はブンデスリーガ第6節 シャルケ戦のプレビューを書きます。


試合データ

2017年 9月23日(土) 22:30 K.O.(日本時間)
17-18 ブンデスリーガ 第6節
ホッフェンハイム vs. シャルケ
会場:ヴィルソル・ライン・ネッカー・アレーナ
放送:DAZN


初顔合わせの"若き知将"対決。軍配が上がるのは?

2015-16シーズンの途中からホッフェンハイムの監督に就任したナーゲルスマン監督は30歳。降格の危機に瀕していたクラブを見事に立て直して15位で残留を果たすと、翌シーズンの16-17シーズンにはクラブ史上初のヨーロッパのコンペティションへの出場へと導く4位と一気にチームを飛躍させました。


そんなナーゲルスマン監督が率いるホッフェンハイムと対戦するのが彼に続いてリーグで2番目に若く、シャルケを率いる監督のドメニク・テデスコ。テデスコは31歳で、昨季2部で降格の危機に瀕していたエルツゲビルゲ・アウエを見事に残留に導いたことで注目を浴びました。そして今季からシャルケを率いるテデスコは、ここまで勝ち点9の6位とまずまずのスタートを切りました。


この2人の"若き知将"による対戦は今節の中でも注目カード。昨季はホッフェンハイムが1勝1分の成績を残しましたが、今季はどんなゲームが繰り広げられるのか注目です。


ピッチ上に目線を移して、注目したいのはお互いの中盤のプレイヤー。ホッフェンハイムケガのデミルバイに代わって出場する選手が普段のようなリズム感でパスを回すことができるのかに注目したいです。第2節のレバークーゼン戦でデミルバイがベンチスタートとなった前半に疲労もありましたが、パスを繋ぐことが出来ずに結局後半の頭から投入してなんとか引き分けに持ち込んだゲームでしたが、あのゲームを教訓として今節は試合を組み立てることが出来るのかを注目したいです。


対するシャルケはゴレツカに警戒したいところです。以前からその秘めた能力には定評がありましたが、ここ最近はさらに力をつけてビッグクラブの冬の市場のターゲットになっています。ブレーメン戦では決勝点を決めていて、攻守に存在感が大きい彼を特に警戒したいところです。


予想スタメン

今節のホッフェンハイムの予想スタメンはこちらです。
※これは個人的な予想です。

GK:バウマン
DF:ノルトヴェイトフォクトヒュブナー
MF:ガイガーカデジャーベクツバーアミリグリリッチュ
FW:ヴァーグナークラマリッチ


最終ラインのメンバーは疲労が溜まって苦しい時期を迎えているかと思いますが、ケガ人の影響で変えようもないということでまたこの組み合わせで予想。中盤はデミルバイがケガという情報があったのでグリリッチュを予想しました。前線は前節途中出場のクラマリッチを予想しました。


まとめ

今回はブンデスリーガ第6節 シャルケ戦のプレビューを書きました。


前節果たした劇的な逆転勝利の勢いを持って、今節こそ今季初の連勝といけるようにチーム全員で戦ってほしいですね。


むっちゃん

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブンデスリーガランキングへ
人気ブログランキング