ホッフェンハイム応援記

ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムを素人が熱く緩く応援するブログです。

17-18 ブンデスリーガ 第1節 vs.ブレーメン プレビュー

みなさん、こんにちは。
むっちゃんです。

日本時間の水曜日の早朝に行われたCLプレーオフ1st Leg。勝ってもおかしくないゲームを展開していて今季への期待がさらに高まるゲームでした。


さて、今回はいよいよ開幕するブンデスリーガの第1節ブレーメン戦のプレビューを書こうと思います。


試合データ

2017年 8月19日(土) 22:30 K.O.(日本時間)
17-18 ブンデスリーガ 第1節
ホッフェンハイム vs. ブレーメン
会場:ヴィルソル・ライン・ネッカー・アレナ
放送:DAZN


昨季までブレーメンでプレーしたニャブリ。今季はホッフェンハイムでプレーする。


更なる飛躍へ、最高のスタートを。

ついに今週の土曜日にブンデスリーガが開幕します。ホッフェンハイムはホームでブレーメンと対戦します。

  • 更なる飛躍へ

昨季は4位とクラブ史上最高成績を残し、CLプレーオフ出場の切符を獲得したホッフェンハイム。今季の目標はもちろん昨季と同じ、またはそれ以上の成績を目指します。


そんな今季の難しい点はなんと言っても「欧州カップ戦と並行日程で戦っていくこと」です。この並行日程を勝ちながら消化していくということはこれまでこのクラブは経験したことがなく、これを経験した選手も少ないというまさに「初めての」挑戦です。水曜日のCLプレーオフ1st Legは落としてしまいましたが、あのようにミッドウィークに試合が組み込まれ、仮にEL出場となれば現地時間の木曜ナイターでの開催となりタイトな日程となります。


そうした時に大事となるのが「レギュラー以外の選手の存在」です。昨季のようにメンバーを固めることは不可能で、ターンオーバーしながらこの厳しい日程を乗り越えて行くことが重要となりますし、この開幕戦もCL出場を諦めないとなればメンバーを入れ替えることは必然となります。ホッフェンハイムには若くて才能がある選手が多くいるのでそれをすることは可能ですし、シーズンが進む中で成長していくことも考えられるのでとても楽しみです。

  • 最高のスタートを切るためには

ブンデス開幕戦のブレーメン戦を勝利で飾って最高のスタートを切ることはシーズンを戦う上で重要となります。


昨季のブレーメンはシーズン通して波が大きいチームでした。シーズン前半戦は降格圏に沈んでいましたが、ウィンターブレーク明けから大型連勝をするなどして最終的にヨーロッパの舞台を争える位置にまで順位を上げました。特に昨季目立ったのは貧弱な守備です。失点数が60近くに達しました。昨季ホッフェンハイムがアウェイで対戦した際には5-3の乱打戦をしましたが、前半だけで3得点を奪うなど一度やられると崩れてしまうという点があるので、早い時間帯に得点を奪いたいところです。


守備面では相手のエースストライカーである、マックス・クルーゼを抑えたいところです。昨季は23試合出場で15得点とチームの急浮上に大きく貢献した選手です。彼を封じることは確実に勝利への近道だと思います。また、先日好セーブを連発したバウマンも状態がいいように見えたので、守備陣は彼を中心にクリーンシートを達成してほしいなと思います。


予想スタメン

今節のホッフェンハイムの予想スタメンはこちらです。

GK:バウマン
DF:ビチャクチッチフォクトホーフマ
MF:ポランスキトルヤンシュルツジュリアミリ
FW:サライウート


CLプレーオフを最優先と考えると、前回の試合から大きくメンバーを変えてDFBポカール1回戦とほぼ同じメンバーになると予想します。最終ラインは若いホーフマを起用することでヒュブナーを休ませることができます。中盤は総入れ替えで、左WBのツバーはかなり疲弊していたのでシュルツ、右WBはトルヤンを起用すると予想。アミリとコンビを組ませるのはジュリ。これは個人的な希望みたいになってしまうのですが、デミルバイを休ませる意味でも個人的に彼に期待してもいいのではないのかなと思っています。最前線はウートと昨季ブレーメンから得点を奪っているサライと予想します。


まとめ

今回はブンデスリーガ第1節 ブレーメン戦のプレビューを書きました。


CLプレーオフブンデスは別物なので頭を切り替えてがんばってほしいですし、出番をもらった選手はそのチャンスを掴んでしっかりものにできるようにしてほしいなと思います。この積み上げがチームを強くし、層を厚くしていくことに繋がるので楽しみにしてます。


むっちゃん

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブンデスリーガランキングへ
人気ブログランキング