ホッフェンハイム応援記

ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムを素人が熱く緩く応援するブログです。

今季のベストゲームが決定!

みなさん、こんにちは。
むっちゃんです。

昨日は今季のベストゴールが決定したことについて書かせてもらいましたが、ご覧いただけましたでしょうか?笑

今回はファンが選ぶ今季のベストゲームが決定したのでその事について書いていきます!

↓ 今季のベストプレイヤー決定 記事 ↓
今季のベストプレイヤーが決定! - ホッフェンハイム応援記

↓ 今季のベストゴール決定 記事 ↓
今季のベストゴールが決定! - ホッフェンハイム応援記

今回もクラブが事前にチョイスした6試合がノミネート。
その中からホッフェンハイムのファン、サポーターが投票する形で決定しました。

ホッフェンハイム公式サイト ↓
Der Heimsieg gegen die Bayern - das Spiel der Saison » achtzehn99

それでは順番に発表していきます!


6位:第5節 〇 2-1 シャルケ (H)

6位にランクインしたのは、第5節のシャルケ戦でした。獲得票数は全体の0%とかなりの人が投票しなかった結果になりました。


今季は開幕戦のライプツィヒ戦(△ 2-2)から第4節のダルムシュタット戦(△ 1-1)まで4試合連続ドローと、「負けないけど勝てない」という状況で迎えたホームでのシャルケ戦。


開始早々の5分にシャルケのチュポ=モティングに先制点を奪われ嫌な空気が漂いますが、17分にクラマリッチのゴールでホッフェンハイムが同点追いつくと、41分にはルップのゴールで逆転!


このまま後半も推移して2-1で勝利したホッフェンハイムが5試合目にして今季リーグ戦初勝利を手にしました。


5位:第13節 〇 4-0 ケルン (H)

5位にランクインしたのは、第13節のケルン戦でした。この試合の獲得票数は全体の1%と低い数値になりました。


第10節のバイエルン戦(△ 1-1)から第12節のボルシアMG戦(△ 1-1)まで3試合連続ドローとまた引き分けが続くチーム状態で迎えたホームでのケルン戦。


チームはこれまでの鬱憤を晴らすかのように序盤から得点を着実に重ねます。
8分にヴァーグナーのゴールで先制すると、39分にトルヤンが決めて2点リードで前半を折り返します。


後半には67分にヴァーグナーがこの日ドッペルバッグ達成となるゴール、89分にウートが決めて試合を決めたホッフェンハイム


終わってみれば4-0の快勝でケルンを退けたホッフェンハイム第9節のヘルタ戦以来となる勝ち点3を手にしました。


4位:第33節 〇 5-3 ブレーメン (A)

4位にランクインしたのは第33節のブレーメン戦でした。この試合も獲得票数は少なく、全体の2%に留まりました。


第32節の3位争い直接対決となったアウェイでのドルトムント戦を落とし、もう負けられない状況で迎えたアウェイ連戦となるブレーメン戦。


試合は序盤からホッフェンハイムペースで進み、7分にサライが巧みなゴールを決めて先制すると、11分にはクラマリッチが決めて追加点。40分にツバーが決めて3点リードで前半を折り返します。


後半にも49分にクラマリッチがドッペルバッグ達成、51分にビチャクチッチが頭で叩き込んで5点のリードを奪います。
しかし、59分に1点を返されると試合の流れはブレーメンに傾きその後2点をさらに返されてしまいました。


なんとか逃げ切った形になったホッフェンハイムが5-3で勝利して、3位フィニッシュへ最終節に望みをつないだになりました。


3位:第2節 △ 4-4 マインツ (A)

3位にランクインしたのは第2節のマインツ戦でした。この試合の獲得得票数も一桁に留まり、6%でした。


開幕戦のライプツィヒ戦(△ 2-2)で引き分けて今季初勝利を目指したホッフェンハイムは敵地に乗り込んでのマインツ戦。


キックオフからわずか3分で失点すると、そこから27分までに2点を追加されて0-3と苦境に立たされます。39分にヴァーグナーのゴールで1点返すものの、43分にさらに失点して1-4で前半を折り返します。


なんとか反撃したいホッフェンハイムは、71分と73分にウートが立て続けにゴールを決めてドッペルバッグ達成で1点差に迫ると、84分にサライのゴールでついに同点!


なんとか引き分けに持ち込んだホッフェンハイム4-4と打ち合いのゲームになりましたが勝ち点1をアウェイで掴んだ試合となりました。


2位:第29節 〇 5-3 ボルシアMG (H)

2位にランクインしたのは第29節のボルシアMG戦でした。この試合の獲得票数も8%と一桁に留まりました。


第28節のハンブルガーSV戦(✕ 1-2)で連勝が止まり、CL出場へ気を取り直すべく迎えたホームでのボルシアMG戦。


立ち上がりの9分にサライが先制ゴールを決めると24分にもサライが決めてドッペルバッグ達成。しかし、31分と35分に失点し2-2で前半を折り返します。


後半には58分にデミルバイのゴールで勝ち越すと、75分にケガからの復帰戦となったウートのゴラッソでリードを広げます。78分に1点差に迫られますが、89分にデミルバイが決めてドッペルバッグ達成で試合を決めました。


5-3と打ち合いを制したホッフェンハイム2試合ぶりの勝利を収めました。


1位:第27節 〇 1-0 バイエルン (H)

そして、1位にランクインしたのは第27節のバイエルン戦でした!獲得票数は文句無しの81%でした!

第25節のレバークーゼン戦(〇 1-0)、第26節のヘルタ戦(〇 3-1)と連勝で挑んだミッドウィーク開催となったホームでのバイエルン戦。


序盤から幾つかチャンスを作りバイエルンゴールに迫ったホッフェンハイム21分にクラマリッチが今季のクラブベストゴールに選出されたスーパーゴールで先制すると、その後はバイエルンが猛攻。
後半に入るとバイエルンが誇る強力攻撃陣の前に多くのピンチを背負いますが、バウマンのセーブをはじめとした守備陣の踏ん張り、チーム全体で1点のリードを守り切りました。


1-0で勝利したホッフェンハイムは3連勝。クラブ史上初のバイエルン戦勝利となり、世界中に今季の躍進はホンモノだということを示しました。


まとめ

今回はファンが選ぶ今季のベストゲームが決定したことについて書かせてもらいました。

やはり1位はホームでのバイエルン戦でした。8割の票を獲得しただけあってやはりバイエルンに初めて勝てた!」という嬉しさがみなさんあったのでしょう。
僕もバイエルンに勝った時は大喜びしました。笑

さて、来季に向けてクラブを去る選手や新たに加わる選手の発表が続々とされています。ホッフェンハイムはまだ新加入選手のリリースが無いのですが、その分楽しみがありますね。笑

来季も素晴らしい試合が何試合も行われることを期待しましょう。



むっちゃん

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブンデスリーガランキングへ
人気ブログランキング