ホッフェンハイム応援記

ドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムを素人が熱く緩く応援するブログです。

16-17 ブンデスリーガ 第32節 vs.ドルトムント プレビュー

みなさん、こんにちは。

前節は土壇場で決勝ゴールが生まれて劇的勝利。個人的には「まだ余韻に浸っていたいなぁ」という気分ですがすぐに試合はやってきます。笑

今回は週末に敵地で行われるドルトムント戦を展望していきます。

試合データ

16-17 ブンデスリーガ 第32節
2017年5月6日(土) 22:30 K.O. (日本時間)
ドルトムント(4位) vs. ホッフェンハイム(3位)
会場:シグナル イドゥナ パルク
放送:DAZN (実況:喜谷知純 / 解説:山口素弘)

前回対戦

16-17 ブンデスリーガ 第15節
2016年12月17日(土) 4:30 K.O. (日本時間)
ホッフェンハイム 2-2 ドルトムント
会場:ヴィルソル ライン ネッカー アレナ

[得点者]
3' ウート
11' ロイス
20' ヴァーグナー
48' オーバメヤン

今節に向けてのチーム情報

  • 前節、MFツバーブンデスリーガ通算50試合出場を達成。
  • 前節の勝利で今季の4位以内が確定、クラブ最高成績を上回ることも確定。
  • クラブが公式Twitterで練習の様子をアップ、笑顔も垣間見え雰囲気は上々。

今節の勝負ポイント

今節の勝負どころだなと思った所を3つほど挙げてみようと思います。

  • 主導権を握る

今節の相手・ドルトムントはホームで36試合無敗と無類の強さを誇る敵地でのゲームとなります。そこでまず求められるのが主導権を握ることです。

試合を通してチームのやり方であるポゼッションを高めて、ボールを持って相手ゴールに迫っていくことが大事だと思います。

ただ、3位を争う大事なゲーム、アウェイでのゲームということを考えると簡単に行くとは限らないのでこれを成功させるためには試合の入りが特に重要だと思います。

  • 相手にスペースを与えない

次に相手にスペースを与えないことを挙げたいと思います。

今節の相手・ドルトムントホッフェンハイムに比べて数段も上手い選手が多くいます。彼らに好き放題やらせないために重要になってくるのがこの「スペースを与えない守備」です。

前節、ドルトムントと対戦したケルンは序盤から主導権を相手に握られ、カウンターくらいしか攻め手がないような展開でしたが、FWオーバメヤンやMFロイスに対してタイトな守備で対応し敵地でクリーンシート、勝ち点1を獲得しました。そうしたところを見ると、今節はこのような守備をして好き勝手やらせないことが重要だと思います。

  • セットプレー

最後にセットプレーを挙げたいと思います。

前節も挙げさせてもらったので、「またかよ」みたいに思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、今節も重要な要素です。

前節、ホッフェンハイムの決勝点もこのセットプレーからでしたし、仮に押され気味のゲーム展開になったとしても「ここぞ!」という時に一発で決めることができるプレーです。前節は少し欠いた正確性も修正してくれてると思うので期待したいところです。

注目プレイヤー

今節の注目プレイヤーには、FWヴァーグナーを挙げたいと思います。

FW 14 Sandro Wagner
↓ クラブ公式サイト ↓
Einzelporträt » achtzehn99

FWヴァーグナーは、チームのエースとして今季の前半戦ではチームトップの10ゴールをマーク。しかし、後半戦では第25節のレバークーゼン戦で決めた1点だけで、チーム内得点ランクもFWクラマリッチに抜かれ2位に後退。

なかなか波に乗り切れていないのが現状のストライカーも前節はあと1歩でゴールという惜しいシーンもいくつかあり、ゴールの匂いもしつつあります。今節のような強敵を破るにはエースの活躍が不可欠。ドイツで最も"騒々しい"と呼ばれるストライカー、FWヴァーグナーにみなさんも注目してみてください。

要注意プレイヤー

今節の要注意プレイヤーには、19歳の若きスターMFデンベレを挙げたいと思います。

MF 7 Ousmane Dembele
今季ここまで30試合に出場し、フランス代表にも選出されている19歳の若きスター。パス、ドリブル、シュートのどれを取っても同年代の選手と比べれば群を抜いています。

彼はチームのエース・FWオーバメヤン今季27得点のうち9得点をアシストしている上に、チーム全体として攻めあぐねた印象が強い前節のケルン戦では途中出場し攻撃のリズムを変えた1人でした。

世界のトッププレイヤーが多く在籍するドルトムントで異彩を放つ、フランスの未来を背負うであろう19歳のスターを抑えることができれば勝ち点3に近づくと思います。

最後に

最後になりましたが、この一戦を前に両クラブが公式Twitterでユーモアのあるリプライを送り合ってこの試合を盛り上げようとしています。

まず、4位のドルトムントがツイート、これに対抗してホッフェンハイムも同じような内容でツイートしました。

これは5月4日がスターウォーズの日ということもあり、それにちなんで名セリフの「May the forth be with you」を「4th」、つまり「あなたは4位であって欲しい」という意味で送りあっていました。笑
熱い試合になることが間違いないこの試合はピッチ外では既に始まっているようです。笑

このような小ネタを挟みましたが、CLストレートインを懸けた大事な一戦になります。前節同様、苦しい試合になるかもしれませんが、撃ち合いも1点を争う緊張感ある試合もできるホッフェンハイムなら絶対に勝てると信じています。
必ず3位を守りきりましょう!


ブログランキングに参加中です。よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

ブンデスリーガランキングへ
人気ブログランキング


むっちゃん